NO BASS,NO LIFE


by iwabass
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

観客参加型

大慌てで芸術劇場に駆け込む。
滑り込みセーフ!まだ団長挨拶やってるところだった。
案内係の方に席を案内される。

頭は「オリンピック・ファンファーレとテーマ」。
最も有名なロスアンゼルスオリンピックのファンファーレです。
原調はCなんだけど今回の編曲版は一般的なB♭。
なんか勢いが空回りしてる感じ。外す回数が多い。
次は副指揮に交代して「美しきエレーヌ」。
指揮、なかなかでした。曲もまあまあの仕上がり。
一部最後は音楽監督マエストロの指揮で「メキシコの祭」。
冒頭のホルン…(T_T)
明らかに練習不足では?てミスが見受けられた。
ハラハラしたけどオフステージのマリアッチとかメキシコの匂いプンプンで面白かった。
ただね、後ろの家族連れがホール内っていうのに
平気でお菓子食べるわ大声で喋るわで
演奏を集中して聞ける環境じゃなくイライラした。
ステージの進行もまずかったしね。

二部は落ち着いて聞ける席を求めて二階へ。
今回の二部は観客参加型!
スーパーマリオのテーマで客席を三つに分けてボディパーカッション。
ブラスト!ばりの演出あり、観客全員で死んだ姫を
生き返らせたり。
演出は勿論のこと選曲、そして配役も凝ってた。
はて、何時の間に芸達者が増えたのかしら?

さあメインの三部。
真島俊夫の「三つのジャポニスム」。
照明を駆使、行灯や紙風船をステージ上に置き、
雰囲気を出す。
実は私の卒論のテーマがまさに「ジャポニスム」でして、
しかも真島さんの曲は個人的に大好きで楽しみだった。
タンチョウヅルの美しさ、はばたき、村の冬の静けさ、
打って変わって青森ねぶたの荒々しさ。
曲の世界に入り込んでいった。
まあ練習不足だろうなというのがやっぱり感じたが、
彼らにとって実力以上が出た掛け替えのない演奏かな。

OB会に出る予定ではなかったんだが懐かしい先輩方が
来られるという事で、参加しちゃいました。

三年振り位かな、参加するの。
楽しかったし嬉しかったな。
後輩ともゆっくり話せたし。
[PR]
by iwabass | 2005-12-11 23:38 | 吹奏楽