人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ゴールデンウィークらしい過ごし方。

ちょいと遅めに起きて、朝風呂。
12時過ぎにきゃぷてん・なかにゃんと小倉駅で待ち合わせをし、
いざ博多。
初めてのさくらに乗り込む。
さすがGW初日だけあり、当然のことながら自由席は
通路に人が立つほどでした・・・・・・・。
開場までにはまだ時間があったし、指定席だったので
ロッテリアで腹ごしらえ。
金曜日はフライデーという語呂あわせで
セットで頼むとカラアゲットが無料だそうで、いただいた。

アクロス福岡まで行った目的は
「ドラゴンクエストの世界in福岡」!!
しかも演目が交響組曲ドラゴンクエストⅢ縛り!!
入り口にはDSを持った人々が。
ああ、失敗した!!すれちがいだ!!
中にはモンスターズジョーカーの人もいたけど
1000人達成せず断念したⅨをやってる人が多数!!
後悔しっぱなしだったなー・・・・(-_-;)

交響組曲はファミコン版ではなくスーファミ版でした。
ゲーム始めるときの性格決定の音楽とか
すごろくの音楽、バラモス固定の音楽があったもの。
序曲の冒頭リピート後セカンドタイムオンリーの
ストリングス、真似したくなった。マジやろうかな??
アレフガルドにて→勇者の挑戦はM8バージョンそのまんま。
マッシーはオケスコ見て忠実に作ったんだろうな。
ラーミア、しっかり羽ばたいてました。(ヒヨコじゃなかったww)
塔はカンダダ戦を思い出しました。
ジパングのイントロがカッコよすぎた!!(低音ストリングスのバルトークピッチカート!)
ピラミッドはタラちゃん(九響の首席クラリネットさん)身を乗り出す勢いでした。
エンディング泣きそうになりました。
アンコールはⅨより2曲でした。(特別協賛のレベルファイヴを考えてかな?)
全プログラム終了し、九響メンバー全員はけた後すぎやま先生が
義捐金のおねがい。
終演後のロビーには九響メンバーさんが募金箱持って義捐金の御願いしてた。
いやー、すぎやまこういち先生御年80歳にはとても見えない!!
すごくパワフルだしシャンと背筋伸びていらっしゃるし、
何よりも気分が若い。
しかも・・・・これご本人がおっしゃっちゃったから解禁していいんでしょうが・・・












来年発売予定のドラゴンクエストⅩの音楽制作中とのこと!!!!
そしてゲーム発売とともに交響組曲に書き直し、
また福岡で演奏してくださると約束してくださいました。
凄いよ~~~~~~(^.^)

今回はどうもすぎやま先生の握手会は無いようだったので、
地下鉄で西新へ。
夕方の西新は西南大生でごった返してた。

次の目的は、大学の卒論のテーマにも大きく関わった「大北斎展」。
当時超長寿90年の人生の中で30回も改名をし、100回以上引越しをし、
死ぬ直前まで描き続けた画狂・北斎。
北斎の神奈川沖浪裏を中学のとき見て衝撃を受けたのがきっかけで
大学のゼミは美術史を専攻したんです。
上京した際、国立美術館の常設展で本物の富岳三十六景に触れ、
もっと北斎という人間を知りたくなったものです。
今回北斎の作品だけという特別展、盛り沢山だった。
版画、肉筆画含め合計300点以上!!どんだけ描いてるんだ!!
しかもこの当時の伝統的な日本画の概念を打ち破り、
遠近法や立体的な画法を用いたり、子どものおもちゃなんかも製作してる。
現代に結びつく文様や今で言う絵の教科書も作ってる。
本当にこの人の頭の中は絵のことでいっぱいで、アイデアが溢れてたんだろうね。
最晩年の肉筆画も、全然高齢とは思えないほどの迫力だった。
西本願寺で経った半日で120畳もの大きさの達磨絵を書き上げた、と記録に残ってて、
復元したものが博物館の入り口にドーン!!

北斎という人物に圧倒された後、地下鉄2駅分歩いて
王会長が入院中お忍びで食べに行ったことで有名ならるきいへ。
いつもぺぺたまだが今日はウニボナーラとガーリックトーストで。
盛り方が雑だったしクリームが冷めてた。
ウニの風味も飛んでしまっていた。とっても残念。
まあ、ガーリックトーストがめちゃウマだったのでプラマイ0ということにしよう。

博多駅に着いてクリスピークリーム買おうか迷ったが、
8時過ぎても30分待ちとかちょっときついので買わず。
堂島ロールも完売。でも博多阪急のデパ地下大盛況。
地上に出てスタバで新商品ソイストロベリーフラペチーノを。
チョコソースにチョコチップでアポロ味を再現したかったけど、
チョコチップが切れてたのでチョコソース多めに。
カスタムも快く引き受けてくれ、ソースもてんこ盛りにしてくれた
お兄さん、イケメンでした。
ゆっくり新幹線の中でアポロそっくりな味のフラペチーノを堪能しつつ
小倉に帰ってきたのでありました。
by iwabass | 2011-04-29 23:58 | 日々つれづれ